肝硬変

アルコールの話

肝硬変、その症状とは? 腹水とは?

肝硬変、その症状とは?肝機能が悪いまま大量にアルコールを飲み続けると、肝硬変になる可能性があります。黄疸、腹水、食道静脈瘤、意識混濁などの症状がでてきます。実際に肝硬変になった人、亡くなった人の例を上げてみました。食道静脈瘤が破裂すると大量の血を吐き、命の危険があります。要注意!