毎日夢を見る、だが悪夢は閉鎖病棟の現実のほうだった(2-15)

毎日夢を見る、次女 アルコール依存症・精神病院入院体験談
もしよろしければ、ポチお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ  

毎日夢を見る、保護室の中で

毎日夢を見る、娘

毎日夢を見る。

毎日まいにち、夜になると娘たちが出てくる。

娘たちとたくさん遊ぶ夢を見た。

娘に囲まれた幸せな夢を毎晩見る。

娘たち二人と、夢の中で楽しく遊んでいる

小学生と幼稚園児の二人だ。

毎日夢の中で公園に出かけた。

魔女の宅急便の映画を観た。

竹ボウキをせがまれた。

今どき竹ボウキなど売っているのかと思ったが、ホームセンターにちゃんと売っていた。

大人の背丈に合わせてある長い竹ボウキのしっぽの部分を適当に切ってやった。

二人が毛ボウキにまたがってキキのまねごとをしているのを、ぼくは微笑ましく見ていた。

とても幸せな夢だった。

毎日夢の中でブランコを押してやった

毎日夢を見る、ブランコ
フリー素材ぱくたそより引用

娘たちは公園でブランコに乗っていた。

下の娘はまだ自分でブランコをこげないので、背中を押してくれと言う。

背中を押してやる。

ブランコが止まりかけたらまた背中を押す。

何回もだ。

ブランコに飽きたら、公園で走り回って遊ぶ。

公園に飽きたら、家で遊ぶ。

毎日夢の中でプリキュアごっこ

毎日夢を見る、姉妹

家でゲームをしたり、プリキュアごっこをして遊ぶ。

いつも悪役をやらされるが、仕方ない。

そしておやつの時間。

アイスクリームやチョコレートを飽きるほど腹いっぱい食べる。

娘たちは可愛かった。

娘と遊んでいる時間が一番幸せだった。

遊びに疲れ果てて、腹いっぱいになった後は昼寝する。

クイーンサイズの大きなベッドに3人川の字で寝る。

3人で昼寝をする。

毎日こんな夢をみた。

スポンサーリンク

家の天井じゃない

仰向けに寝転んで、ぼんやりと天井を見る。

ところが、天井は家の天井じゃないことに気がつく。

うちの蛍光灯じゃない。

黒い天井に、はめ込まれた蛍光灯。

もちろん灯りはついていない。

いっきに目が覚める

病院での記憶がいっきになだれこんでくる。

むりやり連れて来られた保護室。

ドアを閉められ鍵を閉められるガチャンという音。

自分では流せないトイレ。

シーツもなにもかかっていないマットと掛け布団。

急に寒くなる。心が冷え冷えと寒くなった。

つつまれていた幸福感から、いっきに覚める。

夢は幸福、現実は悪夢だった

毎日夢を見る、保護室の中で
フリー素材イラストACより引用

保護室で監禁され、ベッドにひとり寝ていた現実を思い出し、愕然とする。

娘たちと離れ離れになっていたことに落ち込む。

これから数か月も逢えないことに落ち込む。

娘たちに逢いたい・・・・・・

夢は幸福だった。

しかし、現実は悪夢だった。

毎晩、この繰り返しだ。

悪夢を見ているのではい。

夢から覚め、ひとり鉄格子の中にいるという現実が悪夢だった・・・・・・

スポンサーリンク

毎日夢を見る、だが悪夢は閉鎖病棟の現実だった まとめ

 ●まとめ

・願望なのか、後悔の念のためか、家で娘たちと遊ぶ夢を毎日見てました。

・つらい閉鎖病棟の保護室の中では、寝て、夢を見ている時間が一番幸せでした。

・しかし突然目が覚め、現実を目の当たりにさせられます。

・アルコール離脱症状のせいで悪夢ばかり見る方もいらっしゃいます。