食事を食べながらお酒を飲むと、逆に身体に悪いって本当?

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
食事と酒 お酒 アルコールの話

普通、先に食事をしてお酒を飲んだ方がほうが体にいいって聞くんだけど、食べながら飲む方が身体に悪いってどういうこと?

食事とお酒
この記事は次のような方に書かれています

・自分は大酒飲みだ

・自分はアルコール依存症ではないが、一歩手前だと思う

・自分は飲みはじめたら酩酊するまで飲んでしまう

この記事は一般向けではなく、上記の人に向けた記事で、アルコール依存症者の実体験を元に書かれています。

食事を食べながら飲む方が健康にいいって聞いたんだけど?

食事と酒 胃
フリー素材イラストACより引用

一般的にはそうですね。空腹時に直接酒を飲むと、アルコールで食道や胃粘膜が荒れたりダメージを受けます。先にアルコールが吸収されるため、すぐに酔ってしまいます。

食べ物、特に高たんぱくなものを食べながら軽くビールや日本酒を飲むのが理想的です。

食事を食べながら飲むと身体に悪いってどういうこと?

食事
フリーフォト写真ACより引用

大酒のみ

アルコール依存症一歩手前

飲み始めたら酩酊するまで飲む

ぼくは全部体験してきましたが、とにかく酒で酩酊、泥酔したいのです。

飲んですぐに酩酊したい。気持ちよい状態に持って行きたい。

食べ物を食べた後に飲んでしまうと、酔わない。

食べ物が胃の中にあるため、混ざってしまいぜんぜん酔わない

そのため、酒をいつもより大量に飲んでしまう

どんどん飲んでしまう。酔ってしまうまでだらだら長時間飲んでしまう。

結果、アルコール摂取量がいつもより多くなってしまい、肝臓・すい臓に余計な負担をかけてしまう。摂取カロリーも高くなる。

酔い加減がわからず嘔吐したりする。嘔吐すると、逆流性食道炎のリスクが高まる。

大酒飲みの飲み方

食事と酒
フリーフォト写真ACより引用

上記のような人たちは、逆に食べるより先に飲んだほうが良いと考えます。

食道や胃粘膜が荒れるのが心配なら、牛乳か飲むヨーグルトを一杯だけ飲んで、粘膜を保護します。そして酒を飲み、早く酔ったほうがアルコールの摂取量がぜんぜん少なくて済みます

さすがにいきなりウィスキーやブランデーなどのきつい酒は胃がもたないですが、日本酒・ワイン程度で(経験上)胃がやられることはなかったです。

スポンサーリンク

サプリメントで内臓を助ける

食事と酒 プロテイン
フリーフォト写真ACより引用

飲んでばかりで食べない人、これはよろしくないので事前にプロテインでも飲んでおきます。プロテインは大量のタンパク質のほかに各種ビタミン、カルシウム、鉄分などがふくまれており、コップ一杯でかなりの栄養素がとれます。

これに加えて、栄養ドリンクで「タウリン1000mg」「タウリン3000mg」などタウリンが大量に含まれているものを飲みます。ウォンツなどのスーパードラッグで、10本1000円くらいと安売りしています。

タウリンは、牡蠣やしじみなど貝類によく含まれていますが、

・血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす。
肝臓の解毒能力を強化。アルコール障害にも効果的
・インスリン分泌を促進し糖尿病の予防・治療に有効。

農林水産省ホームページ http://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/1803/02.html より引用

と、肝臓に絶大な効果があります。

酒飲みは毎日1本飲んだ方が良いでしょう。

ぼくは大酒のみ時代はボクシングジム(運動)+プロテイン(栄養)+タウリンを毎日飲んでいたせいか、どれだけ飲んでも肝臓のガンマーGTPが100を超えることがなかったです。

一般の方は

一般の方は「ほろ酔い」を味わえれば良いだけですので、食事をとりながらビールなり日本酒なりを飲んでいただければ宜しいかと思います。

注意しなければならないのは、食事+アルコール+運動不足による「脂肪肝」。脂肪肝になると、アル中でもなんでもないのにガンマーGTPが跳ね上がります。ご注意を。

今日は禁酒ではなく、お酒を飲む場合の話でした。

※個人の感想に基づいて書かれています。医学的には勧められていないので、個人の責任において実行してください。