精神病院・閉鎖病棟での生活はつまらなくて死にそう!(1-23)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
閉鎖病棟のカレンダー アルコール依存症・精神病院入院体験談

アルコール依存症の入院生活のつづき。
瀬野川病院(精神病院)の閉鎖病棟の生活をお送りします。

精神病院・閉鎖病棟の生活、朝8時

閉鎖病棟では、8時から朝礼、そして続けてラジオ体操が行われる。
全員参加だ。

パーキンソン病で足が不自由な車イスのコジマさんは、窓際のいつもの位置で待機している。アルコール依存症で神経麻痺、大腿骨頭壊死でうまく歩けないヤナイさんは、早めにデイルームに来ていた。

担当の看護師が

看護師
看護師

おはようございます!

と大きな声で挨拶をする。
患者は、元気のないうなだれた声で

「・・・ござぃます・・・」

と返事をする。
そして

看護師
看護師

今日は9月23日月曜日です。

と日付を言うが、これをしっかり記憶しておかないといけない。

閉鎖病棟のカレンダー
フリーフォト写真ACより引用

シャバから閉ざされて生活するぼくらは、日付、曜日がまったく分からなくなる
入院してしばらくすると、今日が何日で何曜日かがさっぱり分からなくなる。

看護師は続ける。

看護師
看護師

今日のOT活動は、午前中はカラオケ、午後は軽スポーツです。

OT活動(作業療法)とは、簡単なスポーツやストレッチ、机上での簡単な作業で、身体や頭のリハビリをすることだ。

精神病院・閉鎖病棟の生活、OT活動(作業療法)

OT活動には、次のようなものがある。

軽スポーツ:5階の体育館でソフトバレーや実物大野球盤、バドミントン、卓球

・デイルームでストレッチや筋トレ

読書(OTさんが雑誌やマンガを持ってくる)

レクレーション:室内ボーリングやダーツなど

映画鑑賞:事前に多数決で映画を決定。激しい暴力や大人向けの映画はNG
 ちゃんとスクリーンに映す。

音楽ビデオ鑑賞:ミュージックステーション録画等

カラオケ

精神病院でのカラオケ
フリー素材ぱくたそより引用

などなどが日曜以外の毎日1回行われる。
おかげで酒なしでカラオケが歌えるようになった。

これとは別に、アルコール依存症者は、月・水・金にアルコール学習会が1時間づつある。土曜日は断酒会、AAもある。
薬物で入院した人たちも同じような感じである。

こんな感じで、精神病院・閉鎖病棟の日常は過ぎていく。
日曜日はなにもないので退屈でしかたがない。

そしてアルコール依存症や薬物はたいてい3ヵ月クールで退院するが、統合失調症や適応障害などの患者はもっと長い場合がある。

スポンサーリンク

洗面所で髪を洗わないで

洗面所
フリーフォト写真ACより引用
看護師
看護師

夜中に洗面所で髪を洗わないでください。

などの注意事項がある。

この「洗面所で髪を洗いたい」気持ちはよく分かる。
閉鎖病棟では、風呂に入れるのは週に2回だけだ。
刑務所のことはよく知らないが、それ並か、それより酷いのではないかと思われる。
髪を洗えるのは3日に1回くらいなのである。

エアコンが効いてても、9月はまだ暑い。
正常な女性であれば、髪を洗いたいだろう。

なぜ洗面所で髪を洗えないのか。
それは長い間入院して伸びた長い髪が、抜け落ちて排水溝に詰まるからだ。

洗濯場にモップ洗い用の流しがある。
そこで髪を洗うのは特に注意されない。

その後

看護師
看護師

なにか質問がある人?

と聞かれる。

そこで大抵、「あのー、うち、ご飯はB定食にしたのにA定食だったんですけど」
などと、どうでもいい個人的な質問をする空気が読めないおバカちゃんが出てくる。

看護師
看護師

ハイハイ、それは後で話しましょうね。

と、適当にいなされる。

精神病院・閉鎖病棟での生活、毎日ラジオ体操

閉鎖病棟でのラジオ体操
フリー素材イラストAC なのなのなさん作より引用

朝礼が終わったらラジオ体操だ。
OTさんの出番だ。

ラジカセから流れる、ラジオ体操の「♪チャン、チャーラ、ララ、ララ~」が始まると、患者達はお互いに手が当たらない距離に広がりだす。

狭いエリアしか移動できない患者にとっては貴重な運動の時間だ。
張り切って頑張る患者もいれば、めんどくさそうに部屋に戻る患者もいる。
そういう患者は、デブだ

コジマさんも、身体が不自由だが、車椅子で一生懸命に手を動かしている。
ぼくは、というと、「思いっきりラジオ体操」というのをやる。

文字通り、思いっきり上体を後ろにそらしたり、全力で跳びはねる。
ただの体操が激しい運動になるため、終わった後「ハァ、ハァ、ハァ」と息が切れる。日頃の運動量が少なければ、思いっきりラジオ体操は効果がある。
結構な運動量になるので、お試しあれ。

ただし注意が必要なのは、体操には「急に身体を横に曲げる」「急に身体を反らす」など、急にやると筋を痛める動きがある。
なので、「思いっきりラジオ体操」の前に、ウォーミングアップやストレッチをしておかないと危ない。

こんな感じで、精神病院・閉鎖病棟の日常は過ぎていく。

スポンサーリンク

精神病院・閉鎖病棟の生活、お笑い番組は必須

吉本新喜劇
出典:MBSサイト https://www.mbs.jp/seyanen/news/2019/03/60.shtml より引用

もし土曜日なら、昼からの「吉本新喜劇」は見逃してはならない。
日曜ならば「笑点」もはずしてはならない。
とにかく笑えるバラエティ番組ははずせない。

ただでさえ気分が沈みこむ閉鎖病棟では、笑えて気分が高まるお笑い番組は必須なのだ

精神病院・閉鎖病棟での生活 まとめ

●精神病院・閉鎖病棟での生活(1-23) まとめ

・瀬野川病院の閉鎖病棟では、朝8時に朝礼が行われる。
 そのあとはラジオ体操。

・狭いエリア内で何か月も過ごしているうちに、気分は滅入り、だんだん下がっていく。こんな時にありがたいのが吉本新喜劇や快傑えみチャンネルなどのバラエティ番組。こんなのを定期的に観て気分を上げるしかない。

・カラオケはわりと本格的な機械がレンタルしてあり、たぶんであるが毎月アップデートされているため新曲が入っている。にもかかわらず、よく歌われるのは「高校3年生」だったりする。

・とにかく生活がマンネリ化して辛い。アル中なら酒が抜けて1週間もすれば退院してよいのでは、と思う。なぜ3ヵ月もいなくちゃいけないのか、わからない。