独り言がうるさい精神疾患患者!誰か助けてくれ!(1-18)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
独り言に悩む 精神病院閉鎖病棟・入院体験談1

小便臭い個室から移動

ぼくは4階に移動し「小便臭い」個室で過ごし、2日目の朝を迎えた。

看護師
看護師

ふくさん、大部屋に変わりますので、
準備しておいてください 。

デイルームでニュースを見ていると声をかけられた。

ふく
ふく

よし、これで小便臭い部屋とはサイナラだ。

少ししかない荷物をボストンバッグに入れ、引っ越しの準備をした。

昼飯を食べた後、406号室に移動した。

4人部屋だ。

ドアを開け、左奥のベッドが空いていたのでそこに荷物を置いた。

病室
フリーフォト写真ACより引用

飛び降りないよう、ロックしてありビクとも動かない窓から外を見ると、対面の病室が見えた。

下を見るとR1病棟で保護室だった頃の喫煙所、庭が見える。

足元のベッドの患者はすでに知っていた。

喫煙所であいさつしておいたオオノくんだ。

ふく
ふく

あ、どうも。
よろしくお願いします。

オオノ
オオノ

どうも、同室になりましたね。

その隣は、タケノウチさんという50代のオジサンだ。

軽い挨拶をしておいた。

右側のベッドの患者にも挨拶しないと。

独り言をいう患者

その患者は、ぱっと見60歳くらいか。

昔サラリーマンだったのだろうか、カシオの銀色の安そうな時計をはめている。

額から頭頂部は禿げあがっており、耳の横に残っている白髪は短く刈ってある。

ハゲた患者
フリーフォト写真ACより引用

メガネも銀色の遠近両用をしており、新聞を読んでいた。

これは、、、声を出して読んでいるのか?

オジサン
オジサン

じきぬきてらえれにあアメリカこきでいあ日本にさたりつおあ・・・・・・

ぼそぼそと、聞き取れない。

たまに何か単語らしいものが混ざっている。

念仏か?

オジサン
オジサン

おかいりほりつり経済はのいぽきしたまうらえい・・・・・・

目線は新聞に落ちているので、念仏を唱えているわけではない。

しかし、記事の内容ではない

ずっと独り言のように聞こえる。

うるさい。

オジサン
オジサン

さきたてうりょにげがんとす総理大臣こぉりじぇんがそりよら・・・・・・

なんだこれは。

挨拶もせず、彼のしぐさに見入ってしまった。

彼は突然ノートを取り出した。

ペンでノートに何かを書き始めた。

スポンサーリンク
ノートを書く
フリーフォト写真ACより引用

何か、というのは遠くて見えなかったが、小さな文字がびっしり埋め尽くされている。

そこが文字で埋まると、ノートの上側や左右の余白に「何か」を書いていく。

横、縦、方向は関係ないらしい

ノートへの書き物が終わると、ベッドから降り、ドアの方を向いてタイル床に正座した。

両手を上げ、そのまま前に伏せた。

アラーの神へ祈りを捧げる」そんな恰好になった。

10分くらい祈りを捧げただろうか。

祈り
出典: froopik https://jp.freepik.com/premium-photo/muslim-boy-praying-in-sujud-posture_3778096.htm より引用
ふく
ふく

一体なんだこりゃ!
そういえば、ここは、精神病院だった・・・・・・

独り言がうるさい!精神疾患者

夜も9時を過ぎた頃、消灯になるため、各自ベッドに入り、カーテンを閉める。

タケノウチさんは読書灯が付いていたので、読書でもしているのだろう。

オオノくんのベッドは暗いので、眠ろうとしててるのだろう。

そこで予想していたこと、恐れていたことが始まった。

オジサン
オジサン

ぞまくりがいたやにのふぁくれみさのにたよら、
いいむらげのほらきて・・・・・・

うわ、始まった。

オジサン
オジサン

こじゆまれたのきぞしてのきあげりほみそいらてのくごさみおい・・・・・・

昼より大きな声だ。
これはたまらん!

ふく
ふく

うるさい!
これは寝られん。どうしたもんだか・・・・・・

と困っていると、足元から怒鳴り声聞こえた。

オオノ
オオノ

うるさいッ!

たまりかねたオオノくんが怒鳴った。

ぴたっと独り言がやんだ。

よかった、これで寝られる・・・・・・

しかし、それから10分くらい経ったかどうか。

オジサン
オジサン

こじかじたにこんらりあはりきれむはじなろけじゃたにそみならいえ・・・・・・

まただ。

やかましいッ!!

こんどはタケノウチさんがカーテン越しに大声で怒鳴る。

ふく
ふく

なんだこりゃ。
こんなことが毎晩なのか。

ふく
ふく

こりゃたまらん!
こんな患者と同じ部屋はいやだ!!

隣の病室からも、へんな声た聞こえてきた。

イイイイイッ! ウォォォォォッ! イイイイイッ!

隣も誰かが発狂している。

そっちもか。

ぼくは、妻が「イビキ対策」に準備してくれていた耳栓を、ボストンバッグから探し出した。

なんとかしてくれ!!

悩む
フリーフォト写真ACより引用

もう、イビキどころではない、夜の病室が大騒ぎなのだ!!

スポンサーリンク

独り言がうるさい精神疾患患者!誰か助けてくれ! まとめ

●独り言がうるさい精神疾患患者!誰か助けてくれ!(1-18) まとめ

・たいていは独り言を言うのは統合失調症患者です。

・ですが、意味のあるちゃんとした日本語で独り言をいいます。

・今回のような、意味不明な言語を発するケースは初めてでした。

・挨拶もできず、ただ独りでなに言い続けるばかり。
 コミニケーションすらとれない。何の病気かすら分かりませんでした。

・結局、夜がウルサくてどうしようもないので、タケノウチさん、
  オオノくん、ぼくとで看護師に直訴し、彼を追い出しました。