精神病患者、統合失調症患者の接し方(1-17)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統合失調症の精神病患者 精神病院閉鎖病棟・入院体験談1

ぼくは自分の部屋にあるポータブルトイレの臭いを我慢できなかった。

看護師を呼んで

ふく
ふく

小便の臭いが我慢できないので、
普通のトイレに行かせてくれ!
夜、施錠するのはやめてほしい!

とお願いした。

個室のポータブルトイレ
フリー素材イラストACより引用

精神病院の患者たち

ぼくはこれまで瀬野川病院に入院して、わかった事がある。

それは、「精神病院内でうまく生活する」 = 「精神病患者の敵を作らない」ということだ。

気がふれたような患者たち」の中で、それらを敵にするとろくなことが起こらない。

しょうもない事で激怒して怒鳴る患者。

どうでもいい事で恨まれて仕返ししてくる患者。

なんでもない事で因縁をつけてくる患者。

夜、寝ている時に襲われたらたまったものじゃない。

危険な患者なのか、安全な患者なのか、精神病患者の接し方を考えなければならない。

怒る精神病患者
フリー素材ぱくたそより引用

ふくさんは害がない。ケンカもしない。安全な人だ

他の精神病患者にそう思わせれば良い。

精神病患者の接し方

喫煙所で、タバコを吸っている患者たちに、次々と話しかけていく。

ふく
ふく

こんにちは、ふくといいます。
昨日上がってきました。 
宜しくです。

オオノ
オオノ

ああ、こんちは。
ぼくはオオノです。

相手の病名を聞いておくのも大事だ。

ふく
ふく

ぼくはうつとアル中で入院ですわ。
オオノさんは、何の病気です?

オオノ
オオノ

ぼくは、統合失調症です。

普通は、自分の病名を隠したがるのだが、こちらが病名をカミングアウトすれば、むこうもつい言ってしまう。

返報性の原理だ。

そして、精神病患者の接し方を頭で考えておく。

この患者は安全だ

この患者は危ない

危ない患者とは話をしないように、近づかないようにする。

スポンサーリンク

精神病患者の分類

薬物依存アルコール依存症患者たち。

これらは「普通の人たちで安全である。

薬やアルコールが切れた状態なので、普通なのだ。

一般常識をふまえた一般的な人が多い。

脳神経系の病気、コジマさんのようなパーキンソン病も同じだ。

身体が不自由してても、性格は正常な人間なので問題ない。

ゆずってあげたり、ドアを開けるなどしてあげると感謝される。

パーキンソン病の患者
フリー素材ぱくたそより引用

自閉症認知症の重い人たち。
(軽い人は実家で生活するので入院はしない)

これらの人たちは、「人と交流」することをしたがらない。

するとすれば、「何か欲しい」時だけだ。

「何かのテレビ番組を観たい」「お茶が欲しい」そのような時だけだ。

なので、彼らは「危険性がない人たち」とする。

そもそも、会話ができない、なりたたない。

看護師から何か指示が出た時のみ、それに従う。

そうでない場合、彼らは「自分の世界」だけで過ごしていく。

精神疾患患者の危険な人

重い人格障害や統合失調症の患者たち。

統合失調症の場合、頭の中で「現実」と「妄想」が混じっている。

突然おかしな行動をする場合がある。

最近は少なくなりましたが、ニュースで

『ころせ』と声が聞こえたので、幼児をころした。母親は統合失調症を患っていた

というのを聞いたことがあるかもしれません。

統合失調症患者が、精神科で「治療」を受けていなかったので重度の統合失調症におちいったケースである。

精神病院では、「治療」を受けるため、そこまで酷くなることはない。

が、おかしな行動をする人は、たまにいる。

統合失調症の精神病患者
フリー素材ぱくたそより引用
スポンサーリンク

統合失調症の接し方

むかし統合失調症の人が、ぼくへこう言った。

工藤静香はのう、キムタクとホンマは結婚しとらんのんで。

 あれはテレビの作り話じゃけ。


 本当は工藤静香はわしと婚約しとるけ、もうすぐわしと結婚するけえの

真顔で言うのである。

こういう時は、どのように反応したら良いだろうか。

ネットで調べていた。

そういう時、彼らの「妄想」は彼にとって「現実」なので、否定をしてはいけない

「ふうん、そう」

と、適当に相づちを打って、否定はしないのが良いらしい。

人格障害系の人。

これは、浅く付き合う分、世間話程度は問題ない。

ただ深く関わってはいけない。

例えば、何かを貸したり借りたり、何かの会話のの中で、向こうが気分を害したとする。

普通は、我慢するか、文句をいうかなのだが。

人格障害系が「気分を害した」場合、感情を制御できなくなるようだ。

大声で泣いたりわめいたりする。

相手を罵倒する。

人格障害の精神病患者
フリー素材ぱくたそより引用

そのぐらいなら、まだいい。

昔、人格障害系の女性が激高した。

コップを手に取り、相手の女性へ、まるでテレビのワンシーンのように水をバシャーッと顔にかけ、その辺のラジオを地面に投げつけ、ツカツカと相手に近づき髪の毛を引っ張りあい、女子プロレスかのごとく乱闘を始めた。

止めようか、と一瞬思った。

しかし「見ているほうが面白い」とも思ったので、その女子プロレスを観戦していた。

殴るなど、危険になったら止めようと思い、そばで観戦した。

生の本番の女子プロレスは面白かった。

もちろん、駆け付けた男性看護師たちが2人を囲んですぐに引き離した。

というわけで、ぼくは彼らを「危険な人達」に分類するのだった。

スポンサーリンク

精神病患者 、統合失調症患者の接し方 まとめ

●精神病患者、統合失調症患者の接し方(1-17) まとめ

・閉鎖病棟内では、狭い空間で3カ月もの長い間生活するため、人間関係が重要です。

・安全に生活するため、精神病患者との付き合い方を知っておくべきです。

薬物中毒・アルコール依存症患者は、酒などが切れると普通の人間に戻るため、普通の付き合い方ができます。

・パーキンソン病など脳神経系の病気の人も安全です。

自閉症、認知症の重い人たちは自分の世界の中で過ごしていくため、そもそも人間関係がなりたちません

統合失調症の場合、頭の中で「現実」と「妄想」が混じっているため要注意です。
妄想を否定したりせず、適当に相づちをうって肯定して逃げるべきです。