ヤバイ、朝から酒が飲みたい!入院体験談(1-2)

スポンサーリンク
飲酒欲求 精神病院閉鎖病棟・入院体験談1
フリー素材ぱくたそより引用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピリリリリリ、ピリリリリ・・・・・・

目覚まし時計が鳴った。

ふく
ふく

ふぁあああ、もう朝か。
起きないと。

ふく
ふく

ん? あれ、なんかおかしい。
なんだか酒が飲みたい?
ヤバイ、朝から酒が飲みたい!

スポンサーリンク

ヤバイ、朝から酒が飲みたい!

今日も、暑い夏日のようだ。

車で妻を職場まで送り、その後、家に戻って布団に入った。

そしてぼくは、なぜか朝から酒を飲みたくなっていた

昨日、再飲酒して1合だけ飲んでしまったからだろうか・・・・・・

朝から酒を飲む
フリー素材ぱくたそより引用
ふく
ふく

なぜか酒を飲みたい。
昨日飲んだからか?
今すぐに、どうしても飲みたい・・・・・・

ぼくには持病があった。

医者
医者

あなたは「うつ病」です。

何年か昔、医師にそう診断された。

医者
医者

そしてあなたは「アルコール依存症」になっています。

医者
医者

あなたはアルコール依存症なので、先に酒を止めてアルコール依存症を治療していかないと、うつは治りません 。

ふく
ふく

命より大事な酒が、飲めないのか・・・・・・

現代病である“うつ病”は、皆さんご存知でしょう。

一応簡単にご説明します。

うつ病とは?

うつ病とは、その症状は

気分が落ち込み、やる気がなくなる症状が数週間つづきます。

・不眠や、夜中に目が覚めたり、早朝に目が覚めて眠れなくなります。

・そのため仕事や家事などに影響がでてきます。

・いつも不安感恐怖感を感じています。

・長期間ストレスにさらされると発症しやすいです。

・現代は15人に1人はかかるとも言われています。

・ストレスを取り除き、抗うつ剤(SSRI)や精神安定剤で治療するのが一般的です。

うつ病
フリーフォト写真ACより引用
スポンサーリンク

アルコール依存症とは

アルコール依存症は、現在は「アルコール使用障害」と呼ばれ、昔でいう“アル中”のことだ。

朝から寝るまで、常に酒が飲みたい

お酒を我慢できない

いつも酔った状態でないといられない

という症状で、エタノール(アルコール)の薬物依存症だ。

酒をどうしても飲みたいという欲求を「飲酒欲求」という。

飲酒欲求
フリー素材ぱくたそより引用

酒で体を壊した人

医者
医者

あなたは酒の飲みすぎで肝臓が悪くなっています
今のまま飲み続けると、肝硬変になります。
酒は止めてください。

医者
医者

あなたは酒の飲みすぎで糖尿になりかけています。
糖尿になると大ごとですよ。食事制限とかも大変ですし。
酒は控えてください。

などと医者に言われても、酒を飲んでしまう人。

酒気帯び運転をしていまう人

アキラ
アキラ

ああ、出勤時間だ。
車を運転しなきゃな。
会社でも仕事で車をつかうんだよな。

アキラ
アキラ

あら?酒が少なくなったので買いにいかなきゃ!

それなのに酒を飲んで、酒気帯び運転をしてしまう人。

酒気帯び運転
フリー素材ぱくたそより引用

うつ病がある人

ふく
ふく

朝がきた・・・・・・
でもなんか不安感が強いし、恐怖感も出てるし、ベッドから出れない・・・

ふく
ふく

もう辛くていやだ、死んでしまいたい。
酒でも飲んでごまかそう・・・・・・

そして飲んで酔っぱらい、通勤や家のことができなくなる人。

一緒に精神病院に入院したアルコール依存症者は、このような人たちだった。

ぼくはうつ病が元々の原因なので3つ目である。

医者
医者

あなたはアルコール依存症なので、これから一生酒を飲んではいけません

医師のこの言葉だけが、酒を止める理由だった。

スポンサーリンク

アルコール依存症は断酒するしかない

アルコール依存症は「酒を一滴も飲まない」断酒をすることにより治療していく。

現在の医学では「治癒」はできないが「治療」はできる。

近年、軽いアルコール依存症者は酒の量をへらしていく“節酒”による治療法が始まった。

しかし、ぼくのような重いアルコール依存症者は、断酒しかないらしい。

気がついたら再飲酒していた」ようなことも、“意思の問題”とかそういう次元ではなく、病気の症状だそうだ。

(アル中病棟で何回も講習を受けたところによる)

まず入院し、酒を断つ。

すると、飲酒欲求100%が日ごとに下がっていき、50%30%と下がっていき、退院のころには5%もしくは飲酒欲求がなくなっている

飲酒欲求が下がる
フリーフォト写真ACより引用

飲酒欲求がほとんどない状態だと、酒を我慢するのも比較的楽なので、そのまま生活していけば良い。

酒を我慢すれば、肝臓など身体が悪くならないし、酒気帯び運転をすることもない

入院中にうつ病の治療もされるため、薬は欠かせないものの、酒を飲むほどではない。

普通の人」として社会生活が送れるのだ。

はじめの一杯で飲酒欲求が完全復活する

ぼくは、酒が飲みたくなるわけでもないが、飲みたくないわけでもない。

そんな状態で何か月か過ごしていた。

すぐ就職すると、またストレスで飲んでしまうため、焦らずにいた。

そして昨日、なぜか不意に飲みたくなった。

そして焼酎を1合、飲んでしまった

すると、急に飲酒欲求が100%まで上がってしまった

飲酒欲求が上がる
フリーフォト写真ACより引用
ふく
ふく

まずい!
昨日の焼酎のせいで飲酒欲求が上がってしまった!

ふく
ふく

今、すげえ酒が飲みたい。
我慢できん・・・・・・

もう飲酒欲求が抑えられない。

ぼくの脳はほんの1合の酒で昔の飲酒時の状態にもどり、酒を欲していた

ふく
ふく

だめだ。
酒が飲みたい、我慢できん

ふく
ふく

1合だけ、ほんの1合だけ飲んで寝よう・・・・・・

● ヤバイ、朝から酒が飲みたい 入院体験談(1-2) まとめ

・入院、断酒をつづけてほとんど飲酒欲求がない状態でも、油断するとふいに飲酒欲求がくることがあります。

・断酒会では、3ヵ月、6ヵ月、1年、3年目などが危ないと言われています。

・一杯でも飲んでしまうと、すぐに飲酒欲求が復活します。
 「はじめの一杯」に気を付けましょう。