障害者手帳の取得による、割引や税金など5つのメリット

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うつ病 精神病の話

1.精神障害者手帳の取得

私はアルコール依存症ですが、うつ病も持っています。

以前、入院した時に「障害者手帳」なるものを持っている人がたくさんいまして、それはいかなるものかを聞いてみました。

障害者手帳は、いろいろと割引がある

精神病院ではその程度の答えしか戻って来ません。

よくわらからないためケースワーカーに問うたところ

交通機関が半額になったり、施設の利用料金がタダになるよ

これもよくわかりません。

ケースワーカー
フリーフォト写真ACより引用

「いったい何の割引があるのか

障害者ということでなにか不利にならないのか

そこら辺が知りたいのですが、精神病院の閉鎖病棟の中でネットが使えないため調べようがありませんでした。

こうなったら、障害者手帳を取得してみよう。
自ら実験台になってみよう。
ということで、ケースワーカーにお願いして障害者手帳を取得することにしました。

私の場合「アルコール依存症+うつ病」という病状で、障害者手帳を取得することになりました。

精神障害の場合、正式には「精神障害者福祉保健手帳」といいます。

2.障害者手帳を取得するために必要なもの

障害者手帳を取得するのに必要なもの

(1) 医師の診断書
(2) 写真
(3) マイナンバーなど本人確認ができるもの
(4) 申請書
(5) 印鑑

最初の申請書はケースワーカーに書いてもらいましたが、特に難しくないようです。

また、障害者手帳は2年に1回更新しなければならず、今年は更新日だったため、申請書は自分で書きました。

更新時は、障害年金を受給している人は高い診断書の代わりに障害年金受給証のコピーで良いです。
精神科ではたいてい、ケースワーカーに手続きをしてもらえます。
自分で書けない人もいますから。
一般的には、区役所の福祉センターに行きます。

精神障害手帳の対象の疾患

神障害者福祉保健手帳の対象となる疾患は、以下のものがあります。

統合失調症 うつ病 そううつ病 てんかん
薬物依存 アルコール依存  高次脳機能障害
自閉症 学習障害 注意欠陥多動性障害 などの発達障害
その他精神疾患

1級~3級まであります。

注意すべき点は、「障害年金の等級」とは関係がないことです。
(ただし、障害者手帳を取得しておけば、障害年金は通りやすくはなるそうです。
 社会保険労務士談)

スポンサーリンク

3.障害者手帳の取得の結果

病院内で入院中に申請しましたが、モノが送られてきたのは退院後でした。

障害者手帳の封筒
フリーフォト写真ACより引用

封筒に入ってまして、まず1枚目が
広島市があなたを精神障害者と認定するが、異議はないか
という主旨の文面でした。(文面は昔なので捨てました)

「あんたを障害者とするが、それでええんか?」
という意味をもっともらしい文言で記述してあります。

「異議があれば申し立てください」
という旨もことも書いてありましたが、自分で申請してるので異議申し立てはありません。

すなおに受け取ります。

結果は精神障害2級でした。

封筒の中には、「障害者手帳が使える割引」などがこと細かに、お役所らしいわかりづらい文面で書いてあります。

ざっくりまとめますと(広島市の場合)

4.精神障害者手帳2級の割引によるメリット

広島市の場合、精神障害者手帳2級で次のようなメリットがあります。
市によって若干は違うかもしれませんが、参考になさってください。

広島市の主な交通機関が半額になります
(1)市内のバス、アストラムライン(モノレール)、広島電鉄の市内電車
の料金が半額になります。通勤などでよく利用する人にはメリットが
あります 。

私の例でいえば、広島市内まで片道400円かかるのが、200円で済みます。
1年通せば、だいぶ節約になります。

タクシー券が12枚付いてます
(2)1枚につき500円割引きされます。
年末調整または確定申告時に、障害者控除があります
(3) 27万円の所得控除があるため、2万7,000円かえってきます 。

(4) 配偶者の扶養に入っている場合、配偶者も
2万7,000円かえってきます。
夫婦で
5万4,000円、これは大きいです
映画館、公共の施設などがタダや半額になります
(5)映画館はおとな1800円が、1000円になります
つきそいの人も同じく割引が適用されるため、2人で行けば
1600円安く
なります。

(6)公共のスポーツセンター、植物園、動物園、などは
無料になります。
つきそいの人も同じく割引が適用されます。
スポーツセンターに通っている人にはメリットありますが、うつ病だと

なかなか行けません。
動物園は、小さいお子様がいる家はいいのですが、うちは中学生になって

いたので利用しませんでした。
水道料金が若干安くなる

(役所の資料はややこしくて分かりにくいため、ざっくりとまとめてます)

割引されてありがたかったのが、(1)市内の交通費割引と、(3)(4)の所得税5万4,000円還元でした。 

お金
フリー素材ぱくたそより引用

動物園、植物園などはちびっ子をお持ちの人には助かりますが・・・・・・
もともと料金が安い。

うつ病や双極性障害だと、なかなか出かけられないのであまりメリットないです。

スポンサーリンク

5.障害者手帳を持って就職する場合

現代は障害者を「障がい者」ひらがなを使い、柔らかいイメージに変えてますが。

送られてきた手帳は

障害者手帳
障害者手帳

すべて漢字。

「障害」という字を見ると、やはりメンタル的にへこみます・・・・・・

就職活動にて

1.障害を隠して一般の人と同じように就職するか。(クローズ雇用

2.精神障害者として、安い給料で就職するか。(オープン雇用

これを決めなければなりません。

私は、3社ほど一般と同じ、1.クローズ雇用で就職しました。

で、ストレスが溜まり、酒を飲んでしまい、結局入院・退職。
2.オープン雇用の場合、企業側に障害を伝えて就職するため、病気に対する会社側の配慮があります
無理をせず働き続けることができるような環境に就職できます。

また、会社側にもメリットがあります。

厚生労働省の障害者雇用促進法により、従業員の2.2%以上の障害者を雇用しなければなりません。
達成していれば、国から障害者雇用調整金が会社に支給されます。
達成していなければ、障害者雇用納付金を徴収されます。

6.退職した時に障害者手帳の大きなメリットがある

退職後、職業安定所で失業手当の手続きを行いました。
障害者手帳を持っていて失業した場合、かなりのメリットがありました。

健常者が辞表を出して普通に会社を辞めた場合

3ヶ月待たないと、失業手当が支給されません。
約4ヶ月目にやっと支給されます。
支給期間は3ヶ月から5ヶ月

かなり待たなければなりません。
その期間の生活費をなにかで担保しなければなりません。

障害者手帳を持っていた場合

失業手当がすぐに(1ヶ月くらいで)支給されます 。
期間は約12ヶ月も。

私の場合、日額5,000円として、1ヵ月30日で計算しますので月あたり約15万円。
約1年つづきます。
これでかなり助かりました。

7.精神障害者手帳の取得に関するまとめ

うつ病も障害者手帳の対象となります。

私は「うつ病+アルコール依存症」で障害者手帳を取得しました。

次のような方は、保険として障害者手帳を取っておいたほうが良いでしょう。

うつ病があり、外来通院しながら働いているが、休みがちな方

うつ病で休職を何回も繰り返し、今の仕事を続ける自信がない方

会社を辞めた際の、失業手当の給付がまったく違ってきます。

「うつ病と診察された」ことを、会社が知っている方

うつ病
フリーフォト足成より引用
スポンサーリンク

障害者手帳を持って障害者であることは黙っていれば誰にもわかりません。
デメリットはほとんど感じないです。

精神病のある方は精神障害者手帳をとって、少しでも恩恵を受けたほうが良いでしょう。

また、会社も障害者雇用することでメリットがあります。

前述の厚生労働省の障害者雇用促進法により、従業員の2.2%以上の障害者を雇用しなければなりません。
達成していれば、国から障害者雇用調整金が会社に支給されます。

私は、ホンネは福祉のお世話にはなりたくないのですが。

・うつ病で体調を壊して何か月も入院した。 
・医師が、治療をしなければならないという診断書を出した。
・会社員を約30年やって、その間ずっと失業保険を納めてきた。
・タバコ税・酒税もずっと納めてきた。
・一部の人は、普通に就職できそうなのに生活保護を受け、働いていない。
  私は病気の後、努力して実際に3社ほど働いたが、長続きしなかった。

という訳で、無理をしないで恩恵にあずかりしのいでいこうと思っています。

年を重ねるごとに就職は難しくなりますね。

しかし、焦って就職しても、酒飲んで入院するだけでした。

焦らず前に進もうと思っています。

●障害者手帳の取得による割引や税金など5つのメリット まとめ

・障害者手帳を持っているからと言って、特にデメリットは感じません

・大きいメリットは所得税控除と、失業手当がもらえる期間がかなり長いこと

・市内のバスなどが半額になるため、月々換算していくとこれも大きいです

障害者手帳を持っていることは、誰にもわかりません

うつ病でも取得できるため、可能な人は取っておいた方が良いと思われます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
精神病の話
スポンサーリンク
シェアしていただくと嬉しいです
ふく うつおをフォローいただくと喜びます
ポチっとしていただければ
飛び上がって喜びます!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサーリンク
禁酒、断酒! 酒をやめたくなるブログ