禁酒の効果、5つのメリットと1つのデメリット

スポンサーリンク
酒を飲む アルコールの話
フリー素材ぱくたそより引用
スポンサーリンク
アキラ
アキラ

あー飲んだ飲んだ。
休み前のビールはたまらんね!

みえ
みえ

また飲んでるの?
休み前って、毎日飲んでるでしょ。
少しは禁酒でもしたら?

アキラ
アキラ

へーい。
でも、禁酒したからっていいことあるの?
毎日仕事でストレスやってられないけどな~。

みえ
みえ

禁酒のメリットね、んんと。
とりあえず本文を読んでみましょう。

スポンサーリンク

もともと、酒は良いもの

酒は楽しいです。

酒は美味しいです。

晩ご飯も美味しくしてくれます。

会話が弾みます。

ストレスを発散してくれます

慰めてくれます。

健康な人が、たまにハメをはずして飲むのはいいでしょう。

酒を飲む
フリー素材ぱくたそより引用

1.酒を飲む量

しかし、毎晩必ず晩酌する方もおられます。

毎晩となると、その量が問題となります。

前記事でご説明した、適量飲酒と大量飲酒について

おおまかに、表のようになります。

量飲酒者 大量飲酒者
1日アルコール 20mg 1日アルコール 60mg以上
350cc缶ビール 1本 500cc缶ビール 3本
日本酒 1合 日本酒 3合
焼酎25度 0.5合 焼酎25度 1.5合

大量飲酒の方、けっこうおられるのではないでしょうか。

以前は週に1回休肝日を作るように言われましたが、最近は週に2回休肝日を作りなさい、と言われています。

適量飲酒者、つまり毎日缶ビール1本程度の方は、休肝日を作るのはさほど苦ではないと思います。

大量飲酒者は仕事が終われば酒を飲んで酔っ払うのが癖になってますから、なかなか休肝日を作れないはずです。

ビールを飲む
フリー素材ぱくたそより引用

私がそうでした。

まだアルコール依存症でない頃、大量飲酒者(といっても表の2,3倍は飲んでいました)の頃は365日飲み続けで、一切休肝日を作れませんでした。

土曜日曜は用がなければ午前から飲む感じです。
結局、アルコール依存症になってしまいました。
今回は、お酒を飲まないですごす禁酒の効果と方法、そのメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

2.禁酒の方法

症状が重く、すでにアルコール依存症と診断された方は、この記事を参考されて断酒するしかありません。

が、まだそこまでいっていない方、ただの酒飲みの方は、下のような方法でお酒をぐっと我慢してみましょう。

休肝日だけでも良いです。

①炭酸水を飲む

コーラやファンタでもいいですが、カロリーを気にされるなら炭酸水やカロリーゼロの炭酸飲料を腹いっぱいになるまで飲んでみましょう。

腹が太ると、飲酒欲求がかなり治まります。

HALT」といって、酒が飲みたくなる要因が4つあります。

H Hungry 空腹
A Angry 怒り
L Lonely 孤独
T Tired 疲れ

腹が立った時や疲れた時に酒を飲みたくなるでしょう。

怒り
フリー素材ぱくたそより引用

上の表の最初の Hungry :空腹を炭酸水で満たしてやるのですね。

アルコール依存症が酒を飲みたくなった時も炭酸水を飲んで空腹を満たします。

②飴玉をなめる

飴やガム、おやつを食べていると、飲酒欲求が減ります

ただ、禁酒や断酒して、本来なら摂取カロリーが減って痩せるハズなのに、逆に太る方がおられます。

飴やおやつの食べ過ぎですね。

おやつは適度にして、飴はノンカロリーのV.C3000がオススメです。

カロリーは無いし、ビタミンCがたっぷり摂れます。

V.C3000のど飴
ノーベル製菓 Amazon.co.jpより引用

③ノンアルコール・ビールを腹いっぱい飲む

ノンアルコールビールは本物が飲みたくなってしまうため、アルコール依存症者には厳禁なのですが。

単に禁酒をしようとする方には問題ないです。

ノンアルコールビールを腹いっぱい飲むと、もうビールは欲しくなくなります。
ノンアルコールビールを10本近く飲んで、もう炭酸麦芽飲料は飲みたくないというほど飲んで、本物のビールを飲むのを防いだというアルコール依存症者がおられました。

スポンサーリンク

2.禁酒の効果とメリット

長期間禁酒をすると、かなりの効果・メリットが現われてきます。

①身体にとって

肝臓・すい臓への負担がずいぶん減ります。

喉頭がん、咽頭がんのリスクが減ります。

脂肪肝のリスクが減ります。

肝臓癌
フリー素材イラストACより引用

基本的には摂取カロリーが減るため、ビール腹がなくなっていきます。

禁酒の効果です。

②金銭面

大量飲酒者が缶ビールを1年、焼酎を1年飲み続けたら表の金額が小便になって流れていきます

禁酒をすると、それだけ浮きますね。

1年を通すと結構な金額です。

これは禁酒の大きなメリットではないでしょうか。

1日 1ヵ月 1年
缶ビール500ml 3本 約900円 約27000円 約32万9000円
コンビニワンカップ焼酎220ml 3本 約560円 約16800円 約20万4000円
紙パック焼酎1.8リットル 1本
(2日で空けるとして)
約950円 約14200円 約17万3000円

③睡眠の質がよくなる

よく言われるように、酒を飲んで寝ると睡眠が浅くなります。

熟睡感がなくなります。

晩酌をされる方はもう慣れて分からなくなっているかもしれません。

禁酒して、良い睡眠をとり、良い一日を過ごしましょう。

④アルコール性うつが無くなる

大抵の大量飲酒者は、酒がないと気分はどんよりして、睡眠が浅いのも合わせて暗い気持ちで会社に行くことでしょう。

アルコール性うつになっている場合があります。

禁酒することにより、うつ症状がなくなってきます。

⑤トラブルがなくなり、時間を有効に使える

酔っ払っての喧嘩。

酔っ払ってのもめごと。

最悪は警察沙汰

警察沙汰
フリー画像写真ACより引用

酒を飲まなければそういったことが一切なくなります。
(元々喧嘩っ早い方は我慢してください)

酔っ払ってないので、身体を使う趣味(ジムなど)や頭を使う趣味に、生の大事な時間を費やせます

禁酒の大きなメリットです。

スポンサーリンク

3.禁酒のデメリット

禁酒のデメリットも少しあります。

①ストレスの発散法

今まで酒でストレス発散していた方は、別の方法を考えないといけません

ただ素面で奥さんと話すだけで、これまでとは違う結果になるでしょう。

酔っ払いの言うことなど誰も聞いてませんから。

4.まとめ

毎晩晩酌で大量飲酒をする方にとって、禁酒をするといろんな面で効果・メリットが現われてきます。

●禁酒の効果、5つのメリットと1つのデメリット まとめ

メリット

① 内臓、特に肝臓・すい臓への負担が減ります

② お金が浮きます。1年でハワイへ行けます

③ 睡眠が深くなり、質が良くなります

④ アルコールによるうつ症状が無くなります

⑤ 酔ってのトラブルが無くなります

デメリット

酒以外のストレス発散法を見つけなければなりません

試しに1ヵ月、いや、無理なら1週間だけ禁酒をしてみませんか。

禁酒の効果により、これまでと違う健全でより良い生活が送れることでしょう。